BONUS

注目の事柄を随時掘り下げる
スペシャル・イシュー
ダンスにおける保存と再生 第1弾
篠田千明インタビュー
『機劇』(Aプロ)をめぐって

スペシャル・イシュー「ダンスにおける保存と再生」でまず最初に取り上げるのは、先日(2014/7)、『機劇 〜「記述」された物から出来事をおこす』という上演を行った篠田千明(しのだ・ちはる)の試みについて。インタビューの詳細は、動画を見てもらえたらと思うのだけれど、少しだけコメントを付しておきたい。


「The Short Chatri / タイトルコール[身体]」photo by Kazuya Kato


「ダンススコアからおこしてみる[譜面]」photo by Kazuya Kato

ぼくは快快(古くは小指値)の頃から彼女の活動に注目し続けてきた一人だ。篠田を含む彼らのエネルギーは、単なる「演劇の更新」という狭い枠を超えた、〈人と人とが出会った際に何が成し遂げられうるのか〉といった、人間に向けたより広く本質的な問いへと向かっているようで、チェルフィッチュが置いた布石とは一風変わった、しかし、それに匹敵する重要な試みが含まれていると思ってきた。その篠田が、快快脱退後に最初にトライアルしたのが〈「記述」された物から出来事をおこす〉というアイディアだったことに、ぼくはまず驚いた。そして、上演を見終えて、「これこそがぼくが以前から見たいと思っていたダンスの上演形式ではないか!」と思ってしまったのだ。新鮮な体験だった。ダンスを振り付けではなく、編集の問題として、あるいは「フレーム」の問題として篠田は考えていた。インタビューでは何度か「成りゆきですね」といった発言を篠田はしていたけれども、まだ確信犯的に行っているわけではないのかもしれない今回の試みに、だからまだ再考の余地は多く残されているのだろうけれども、ゆえにだからこそ多くの可能性が示唆されているように感じた。そして、上演に際して、映像をどう活用するのか/しないのかについての篠田らしい知性が注がれていたことにも注意しておきたい。

木村覚

2016.08.12
スペシャル・イシュー
岸井大輔さんに「地域」を「リサーチ」する「芸術」としてのダンスの可能性について聞いた
2016.08.09
スペシャル・イシュー
田中みゆきさんに “dialogue without vision” の顛末について聞いた(3)
康本雅子さんに聞いた“dialogue without vision”の顛末
2016.06.20
スペシャル・イシュー
田中みゆきさんに “dialogue without vision” の顛末について聞いた(2)
「dialogue without vision」公演の映像 full ver.
2016.05.26
スペシャル・イシュー
田中みゆきさんに “dialogue without vision” の顛末について聞いた(1)
2016.05.08
スペシャル・イシュー
稽古場インタビュー
山縣太一×大谷能生「ドッグマンノーライフ」
スペシャル・イシュー
ダンス鑑賞団がゆく! 第1回
捩子ぴじん『Urban Folk Entertainment』編
スペシャル・イシュー
ロイ・フラー再現プロジェクト
第1回
Aokid インタビュー
ダンスとグラフィックスの間で
スペシャル・イシュー
稽古場インタビュー
大谷能生×山縣太一「海底で履く靴には紐が無い」
スペシャル・イシュー ダンスにおける保存と再生 第2弾
篠田千明/川口隆夫インタビュー
デッサン会という方法
スペシャル・イシュー ダンスにおける保存と再生 第1弾
篠田千明インタビュー
『機劇』(Aプロ)をめぐって
スペシャル・イシュー
ダンスにおける保存と再生