BONUS

映像のダンスを制作する
連結クリエイション
BONUS ダンス演習室 第3回 まとめ

『牧神の午後』への理解を深め、クリエイションの手がかりを掴むために開かれた「BONUS ダンス演習室」。第3回(6/20)は講師にミュージシャン、評論家の大谷能生さんを迎えました。

大谷さんは、記録されたものとして表現を見るという批評的スタンスを持っており、今回は映像に記録されたものとしての『牧神の午後』にフォーカスして、さらにこの作品を今日の視聴覚体験のリアリティへと繋げようとしてくださいました。

講義の最初の15分ほどは文字にしてまとめ、その後の映像分析は動画で公開します。

大谷さんの刺激的な考察から、クリエイションの手がかりを見つけてみてください。

講義の狙い

(文字起こし:BONUS)

15年くらい前までは「動く映像を個人で好きな時間に好きなようにアクセスして見る」というような環境はなかったんです。それは単にインターネットのことに限定される話ではなくて、大事なのは「モニターを持ち歩けるようになった」ということなんです。個人が映像を所有して好きなタイミングで見ることができるという環境が出てきました。なんの話かといいますと、1990年代くらいまでは、映像というのは人と見るものだった。わかりますか? 個人で映像を所有して見るということは例外的だった。1980年代まではもっと顕著で、テレビは「テレビジョン(television)」で、子供部屋にもあるという状態はそれほど一般的ではなかった。映像(ある種の動画)はパブリックなものだったわけです。

それが何で変わってくるかというと、レンタルビデオやファミコンの普及で、テレビが「モニター」になっていく。テレビジョンというのは放送されて公のものとして共有されるものを、一方的に視聴者が受け取るだけだった。それが、テレビがモニターになって、自分の好きなタイミングで好きなものを投射して楽しむ、個人が好きな状況で見るということができるようになっていったのが、1990年代以降の、いまに繋がるモニター環境の前段階なんですけれど。

音楽の方が、自分の好きなタイミングで好きなものを聴くということがいち早く起きていた。それまでの音楽はパブリックなもので鳴らした音をみんなで聴くというものだったのが、レコード盤が出てきて、それを自分で買って、自分の部屋で一人で好きなタイミングで聴けるようになってきた、それが1950年代からの出来事。これがさらにちっちゃくなっていくらでもアクセス可能で、個人が個人のために聴くということは、音楽の方が動く映像より早くて、1990年代には個人が他人を切断するために音楽が求められた。それまでは音楽というものは共同作業を作り出すために使われることが多かった、それが、ヘッドフォンで聴く、イヤーフォンで聴くということが起きて、いま顕著なのは他人と接点を持たないようにするために聴くという方向に使われ方がはっきりしている。相手とコミュニケーションしないために音楽を使うというような方向で、音楽が使われるようになって久しいわけです。

そのとき作品の消費のされ方は、何が誰がどのようにして使うかということに向けて変化していったし、そのことを考慮に入れると、単に作品を作りますという行為よりも、その行為がより明確になっていくと思うんです。その話をこのダンス(『牧神の午後』)を見ていて思うのですが。

ぼくは基本的に音楽を作っている人間なのですが、作ったり聴いたり書いたりしているんですが、21世紀に入ってまず音楽の使われ方は「イヤーフォンで聴く」ことが前提になっているんですね。それが音楽を取り巻く環境を変えてきている。それに対してどのように音楽を作っていったらいいのか、ということを結構シリアスに悩んでいるんです。単に音楽がある、単にダンスがあるというのじゃなくて、それがどのように聴き手だったり、見る者だったりに、どう使われているのかまで考えると、わりとタフに考えられるということがあります。

このことを前提に1912年の『牧神の午後』を見てみましょう。まずヘッドフォンはない。テレビはない。ただ映画はある。レコードはあるけれど、レコードによってではなく音楽が演奏され、舞台で流れている。いまみたいにパソコンがあって、いつでも再生ができるという環境とは随分違う。それを考えると、なんでこれがこういう平面性を押し出されていて、舞台上にこういう平面性がのっているのか、ということをもう少し詳細に考えられるのではないか。そして、いまの環境にどういうものをアップロードするとひとは見てくれるのか、ということをもう少し柔軟に考えられるのではないか。デバイスの変化自体を創造力の中に持ち込むという提案です。

個人で消費することが前提になっていると、イライラするんですね、不安になるんですね、たまにスタジアム公演の四万人の中に混ざってみたくなる。そのことのマッチポンプになってしまう状況がある。ニコ生なんかも、一人で見てイライラするので、コメントを書きたくなる。不安でしょうがないからああなるわけ。「どこまで行っても一人」という状況は耐えられないので、擬似的でもいいから、「みんなで見ています私たち」という状況がなんとなく作れると受ける。ということを、一緒に考えていきたいんですけれど、ニコ生的にみんなで見ているという気になり、さらに個別に切り離されもしながら、共有できたりとか、というような状況にこいつ(『牧神の午後』)を落とし込むにはどうしたらいいのか? どうするのが一番いいのか? このことを考えてみようと思います。

【講義は、映像分析へと進んでいきます。】

2016.12.16
連結クリエイション
「秘密のダンスは何処にある?」WSのアーカイヴ
超連結クリエイション vol. 4
テクノロジー×ダンス×X(社会的課題)
2017年1月18日(水)19:30
@ 東京工業大学 西9号館ディジタル多目的ホール
2016.12.12
連結クリエイション
石谷治寛「障害とダンス」
第3回「超連結クリエイション」
2016.12.12
超連結クリエイション
第3回「超連結クリエイション」のアーカイヴ
2016.10.07
連結クリエイション
テクノロジー×ダンス×X(社会的課題)関連企画
10/28、10/29
継承の「媒体」としての身体/動画をめぐって
砂連尾理トーク&ワークショップ・イン・トーキョー
2016.09.29
連結クリエイション
テクノロジー×ダンス×X(社会的課題)関連企画
11/8、11/13
秘密のダンスは何処にある?
2016.08.24
連結クリエイション 第4回のテーマ
テクノロジー×ダンス×X(社会的課題)
2016.08.23
連結クリエイション
テクノロジー×ダンス×X(社会的課題)関連企画
9/12、9/13、10/12
手塚夏子の三夜 「トレース」をめぐって
2016.06.17
連結クリエイション
第2回「超連結クリエイション」のアーカイヴ
2016.05.08
連結クリエイション
新井祥さんに学生たちが聞いた「性愛と表現」とくにLGBTのこと
2016.03.19
連結クリエイション
岡田育さんに学生たちが聞いた「性愛と表現」とくにBLのこと (2)
2016.03.19
連結クリエイション
岡田育さんに学生たちが聞いた「性愛と表現」とくにBLのこと (1)
第3回 超連結クリエイション
2016年1月24日(日)17:00 @ 京都芸術劇場studio21
参加メンバー:塚原悠也 野上絹代 砂連尾理
ゲスト:熊谷晋一郎 石谷治寛 古後奈緒子 伊藤亜紗(司会:木村覚)
2015.11.02
連結クリエイション
捩子ぴじん×木村覚 メール書簡
2015.11.02
連結クリエイション
市原佐都子さんが飴屋法水さんに動物の性の営みについてきいたときのこと
第2回 超連結クリエイション 牧神の午後編
2015年12月16日(水)19:30 @ VACANT
参加メンバー:捩子ぴじん 市原佐都子 高田冬彦
ゲスト:会田誠 飴屋法水 Aokid 山内祥太
2015.10.01
連結クリエイション
BONUS ダンス演習室 第3回 まとめ
2015.10.01
連結クリエイション
高田冬彦×木村覚 (3) スカイプ対談
第3回連結クリエイション
障害者との共生:障害者とともにダンスは進化する
連結クリエイション
市原佐都子×木村覚 メール書簡
QへのQえすちょん (2) 雑交性
連結クリエイション
高田冬彦×木村覚 (2) メール書簡
連結クリエイション
BONUS ダンス演習室 第1回 まとめ
連結クリエイション
リローデッド「即興二番」
Part 2(2日目:2011/06/04)室伏鴻×大谷能生×木村覚
連結クリエイション
リローデッド「即興二番」
Part 1(1日目:2011/06/03)室伏鴻×大谷能生×木村覚
連結クリエイション
市原佐都子×木村覚 メール書簡
QへのQえすちょん (1) 侵入の感覚
連結クリエイション
高田冬彦×木村覚 (1) メール書簡
BONUS ダンス演習室
BONUS Dance Laboratory: BDL
篠田千明、大谷能生、捩子ぴじん、木村覚、Aokid、望月美里
第2回連結クリエイション 公募企画
りみっくす・おぶ・ふぉーん
連結クリエイション 第2回のテーマ
ニジンスキー『牧神の午後』を解釈して映像のダンスを制作してください
連結クリエイション
第1回「超連結クリエイション」のアーカイヴ
超連結クリエイション
2014年12月10日(水)19:00 @ スーパー・デラックス
Aokid+たかくらかずき 岡田智代 小林耕平 宇治野宗輝
真鍋大度 平倉圭 木村覚
連結クリエイション 岡田智代
雨娘
連結クリエイション 宇治野宗輝
VEHICLE figure test drive: IN THE RAIN
連結クリエイション 小林耕平
神村・福留・小林・雨に唄えば
連結クリエイション
岡田智代(チームよーとも)制作記
(2) 振り付けの伝授
連結クリエイション
小林耕平・神村恵・福留麻里・木村覚 チャット・ミーティング
連結クリエイション
Aokid×木村覚 メール書簡
2014/8/17 - 8/24
連結クリエイション
岡田智代(チームよーとも)制作記
(1) 振り付けとものまね
連結クリエイション
宇治野宗輝×木村覚 メール書簡
2014/8/1 - 8/4
連結クリエイション
小林耕平×木村覚 メール書簡
(2) 2014/7/31 - 8/2
連結クリエイション
小林耕平×木村覚 メール書簡
(1) 2014/6/30 - 7/8
連結クリエイション 第1回のテーマ
『雨に唄えば』のあの場面を解釈して映像のダンスを制作してください
連結クリエイション
連結クリエイションとは